最新技術!ベイザーで脂肪を吸引して憧れのボディラインを実現

ドクター

ほくろの除去

先生

無理な除去

ほくろは巨大なものや、色の濃いものができると悩みの種となります。それだけでなく、数多く現れてくるとそれもまた頭を悩ますものとなります。ほくろはコンプレックスの原因となりやすいですが、ほくろ除去の方法についてはあまり知られておらず、人によってはカミソリ等を使って、削り取ろうとする人もいるのではないでしょうか。しかしながら、ほくろは表面を削ったところで、皮膚の奥深くにある根を取らないと何度でも再生してきます。そのため、カミソリ等で削り取ることはまず不可能であるし、痛みも生じます。そこで、ほくろ除去を危険なやり方で行うのではなく、美容外科等の専門機関等で、安全に除去してもらう方が確実と言えるでしょう。

専門機関による除去

専門機関でほくろ除去をしてもらう場合、炭酸レーザーと呼ばれるもので除去が行われます。この炭酸レーザーはほくろだけを限定して除去するため、傷の大きさも小さくて済みます。また、それだけでなく、皮膚の深層にある根にもレーザーを照射できるため、再発の心配もいりません。レーザーと聞くと、大がかりな手術のようにも感じられるかもしれませんが、余程のことがない限り、数分でほくろ除去が完了します。そのため、平日の仕事帰りに美容整形に寄って、そのまま除去して帰るというのも可能です。術後は何回か通院しなければなりませんが、多くの場合、2週間後には傷もほくろもきれいさっぱりと消えています。こうしたことから、ほくろの悩みを解決するのなら、専門機関を利用してみるのも一つの方法です。